Fair Trade フェアトレードについて


世界各地の途上国に暮らす人々は、貧困により多くの問題を抱えています。

その貧困をもたらす原因の一つは、

通常行われている貿易に様々な問題を含んでいるからなのです。

 

フェアトレード(公正な貿易)は、このような状況を改善するために、

NGO、NPOが途上国の生産者団体と直接取り引きを行い、

現地の状況に必要なプロジェクトを組み、

生産者が不当な社会的搾取を受けることを防ぎ、生活向上を図ります。

 

同時に商品を適正な価格で買い取るため、生産者も適正な収入を得ることが出来、

その一部を積み立てるなどして地域の生活改善プロジェクトに充当できます。

 

また、継続的に生産者と取り引きをすることによって、

農村やスラムに暮らす人々に仕事の場を提供することが出来ます。

例えば、農村において自然環境を重視した有機農業を行うことにより、

農村部での産業を振興させ、貧しさゆえに農村から人々が流出し、

都市のスラムが拡大していくことをふせぎます。

 

そして社会の底辺に追いやられていた女性たちが伝統的な技術を活かし

手工芸品を製作し販売することによって、女性自身が収入を得られるようになります。

これは女性自身の社会的自立に繋るばかりでなく、

子どももまた学校へ通い勉強することが出来るようになります。

 

フェアトレードは、このような長期的な取り組みが継続されることで、

はじめて貧困の改善に役立つことが出来るのです。

 

そして、生産者も消費者もお互いに尊重、尊敬し合う関係の中で、

共に生きる社会を目指していくものです。

 

                                           http://www.fairtrade-jp.org/